>

リラックス効果を期待しよう

パステルカラーを選択しよう

淡いピンクや水色、ラベンダーカラーの壁紙を寝室に貼りましょう。
するとリラックスできる空間が生まれます。
身体を休める部屋を、そのような色にすることで疲れを解消しやすくなります。
リラックスしながら仕事ができるよう、仕事部屋の壁紙をパステルカラーにする人が見られます。
しかしリラックスしすぎて、眠くなる可能性があるので気をつけてください。

パステルカラーより少し濃い青色を選択すると、集中力が高まります。
仕事部屋は、そのような色の壁紙が良いでしょう。
部屋によって、ふさわしい壁紙に変えてください。
毎日忙しい人は疲れが溜まりやすいです。
身体に蓄積されないよう、風水を利用しましょう。
落ち着ける部屋で、しっかり休んでください。

派手な色の壁紙は避けよう

寝室を派手な色の壁紙にすると、気持ちが高まって眠れなくなってしまいます。
なるべく、派手な色は避けてください。
赤色や黄色など、原色は控えましょう。
その空間の中で寝たとしても、脳が起きている状態なので眠りが浅くなってしまいます。
それでは質の悪い睡眠になって、疲れを癒すことができません。
寝室はパステルカラーなど、優しい色合いの壁紙を選択してください。

しかし、原色が好きな人がいるでしょう。
自分の好きな色の壁紙を選択したいと思いますよね。
風水的に、原色でも問題ない部屋があります。
派手な色の壁紙は、そこに貼るのがおすすめです。
焦って壁紙を張り替えないように注意しましょう。
計画的に、壁紙を変更してください。


Share!
TOPへ戻る